婦人

日本で出来る投資│初心者でも株式を買う事はできます

海外fxの取引方法

株式

海外fxの取引方法には一般的にSTP取引とECN取引の二種類の方法があります。STP取引はストレート・スルー・プロセッシングの略で、投資家から受けた注文を海外fx業者が他の銀行やLPなどのカバー先に流す仕組みです。ECN取引と比べてレバレッジが高いことや、取引手数料が無料であることが殆どになっています。また、そのまま流されように注文することになるため、ECN取引と違って注文の気配値や板情報を知ることができません。そのため、ECN取引と比べるとやや取引の透明性が低くなってしまいます。初心者の方や少額の証拠金で取引をする方などが多いのがSTP取引の特徴となっています。ECN取引は電子取引所取引と訳され、株式売買や株式投資の際に日本でも採用されている取引方法です。ECN取引では実際にインターネット上に投資家が集まり、売買を行います。リアルタイムで注文の状況などがわかるため、株式売買で定番となる板情報や気配値が海外fxトレードでも見られます。そのため、非常に透明性が高くなっている取引方法です。参加者である投資家同士は注文を出し合って、合意したときに初めて注文が実行されるといった仕組みになっています。しかしながら、ECN取引のデメリットとしては、取引手数料が発生する事や、そもそも注文に応じる相手がいないと注文が執行されないといった点があげられます。そのため、他の投資家の動向を把握しながらトレードしたりすることができる中級者以上の方がよく利用される取引方法です。また、この2つの取引方法は海外fx業者では両方扱っていることなども多いため、これだと決めてやり続ける必要などもなく、適宜取引方法を変える事なども可能になっています。